prpr紳士のお茶会

とある紳士が徒然なるままに記事を書いてくブログです('ω')

ポケモンSMシングルレート第1シーズン使用構築

新しい世代、新しい環境のSMレート、2年ぶりのレート戦(二年前にASのレポート破損してました)

 最終的な戦績は

 301戦 163勝138敗 最終レート1804

 という結果でした。

 使ってみたいポケモンや技などで楽しめたので個人的には満足しています。

 次は使用パーティと技や調整などを書いていこうと思います('ω')

 

〇使用パーティ

f:id:cantonx56:20170117215652p:plain

・Aライチュウ ・Aガラガラ

トリトドン   ・ギャラドス

・テッカグヤ   ・ピクシー

〇個別紹介

・アローラライチュウ@タスキ(サーフテール)

f:id:cantonx56:20170117100458p:plain

・性格:臆病

努力値:CS252B4

・実数値:135-*-71-147-105-178

・技構成:①リフレクター めざ毒 10万ボルト サイコキネシス

     ②電磁波 めざ地 10万ボルト サイコキネシス

 パーティの電気枠。カプ系のフィールド使ってヒャッハーしたいと思って生み出されたポケモン

 最初はコケコとブルルをめざ毒で2発で落とすっていう目論見を立てていたのだが、ブルルと対面したらほぼ確実にウッドホーンを打たれて回復量込みでめざ毒を諦めてAガラガラにも刺さるめざ地に変更しました。最初リフレクターだった枠を電磁波にしたのは後述のメガギャラドスの起点を作れたらいいなぁ、と思って入れたら意外と上手く刺さりました。

タスキを持ってるメリットとしては単純に1回行動保障があるだけではなく、相手のギャラドスが舞うタイミングほねでアロライを出すことで安心して10万で押せたので便利でした(メガしたら落とせるとは言ってない)。あとウチのパーティに対してウツロイド入りのパーティからは大抵ウツロイドから出されるのでめざ地と電磁波でいい感じに引っ掻き回せました。

選出率6位

 

・アローラガラガラ@ふとい骨(避雷針)

f:id:cantonx56:20170117100558p:plain

・性格:慎重

努力値:H252A92B4D148S4

・実数値:167-112-131-*-132-66

・技構成:シャドーボーン フレアドライブ 骨ブーメラン 滅びの歌

 パーティの電気受け枠その①。調整はどっかのブログ見てそのまま振りました()。耐久は蛍火を積んだデンジュモクのエナボを二回耐えたりしてくれていい耐久してました。滅びの歌はガラガラより速いやどみがテッカグヤにいい感じに刺さってくれました。相手パーティに電気タイプがいても控えのガブやマンムーに怯えてあんま出せませんでした

選出率5位

 

 ・トリトドン@アッキのみ(呼び水)

f:id:cantonx56:20170117100702p:plain

・性格:のんき

努力値:H252B196D62

・ 実数値:218-*-124-112-102-*

・技構成:熱湯 冷凍ビーム 自己再生 どくどくor地割れ

 パーティの電気&水受け兼物理受け兼ポリ2毒殺枠。調整は意地ガブの逆鱗*2をアッキ込みで受け切れる調整。水タイプ相手も呼び水のお陰でグソクムシャ、オニシズクモなどにも強かった。もう1つの電気受けのガラガラとは役割が明確に違ったので使いやすかった。どくどくの枠はシーズン終盤にポリ2の処理が面倒になって地割れに変えたら楽しかった(小並感)。

選出率4位。

 

ギャラドス@メガ石(威嚇→型破り)

f:id:cantonx56:20170117204814p:plain

・性格:陽気

努力値:H116A228S164

・実数値:185-174-99-*-120-134 (メガ後 185-204-129-*-150-134)

・技構成:龍舞 滝登り 地震 身がわり

 パーティのメガ枠。調整はSを1舞130族抜き、HDを火力UP無しコケコのエレキ10万をメガ後確定耐え、残りA。みがまもテッカグヤが守るタイミングで後出しからの身がわり龍舞が安定して強かった。ミミッキュやメガルカリオは1舞で処理できるのもイイ。滝登りでズル勝ち出来た時はガッツポしてた。単純に使いやすかった。

選出率2位。

 

・テッカグヤ@突撃チョッキ(ビーストブースト)

f:id:cantonx56:20170117205119p:plain

・性格:気まぐれ

努力値:H196A36B148C4S124

・実数値:197-126-142-128-121-97

・技構成:ヘビーボンバー 地震 大文字 めざ氷

 パーティの便利枠(努力値はどっかのブログから)。物理はガブマンダハッサムマンムーブルル、特殊はテテフ相手に後出しして高確率で勝てた。チョッキを着てるためサブウェポンの大文字や10万も安心して受けれた。逆にギャラドスなどの水タイプは苦手だったので控えに任せていた。技構成もコレで不自由を感じることはなかった。

選出率1位。

 

・ピクシー@デンキZ(天然)

f:id:cantonx56:20170117205302j:plain

・性格:ひかえめ

努力値:H244B76C140D4S28

・実数値:201-*-105-146-111-84

・技構成:10万ボルト 大文字 ムーンフォース 電磁波

 パーティの対積みポケ枠兼地雷枠。調整はHBを上記のテッカグヤのヘビボン確定耐え、Sを電磁波後最速サザン抜き、残りC余りD。基本的にはギャラやポリZ、バトンなどの積み無視とムラっけオニゴーリ処理枠。しかし、本来の役割はデンキZのスパーキングギガボルトで事故を起こすことである。スパキンボルト(+10万)でテッカグヤやギャラドスやレヒレ、ドヒドイデなどを吹っ飛ばすことができる。環境に多かったコケコのエレキフィールドでさらに火力UPもできた。電磁波は相手の交代先に刺さったりZ電磁波でDを上げたり出来て便利だった。(アロライより電気技を撃つ回数が多かったという)

第2シーズン以降も使えるかも?(ダイマ)

選出率3位

 

◯パーティ使用感

 基本選出はギャラテッカグヤ+電気受け枠でポリ2いればトドン、ギャラや積みポケいたらピクシー、ウツロイドいたらアロライを組み込んでいくという選出パターンだった。

 基本的に運に頼らないパーティだったので運が悪くなければ順当に勝てるパーティだったと思います。デンキZで色々吹っ飛ばすのが楽しくてアローラ満喫できましたね✌('ω')✌

 

◯編集後記

 さて、SMレート第1シーズンも無事終わりポケバンク解禁のある第2シーズンが始まりますね。バシャナットサンダーやクレセドラン、グロパンガルなど過去の栄光たちが来襲します。環境も激変するので対応していくのが楽しみです✌('ω')✌

主に使いたいパーティは、ウツボットエースの晴れパとエレキシードバトンバシャとかを考えています。 

 では、第2シーズンも楽しんでまいりましょー!ØωØニャン

 

 

(ご意見がありましたらコメントやTwitter(きゃんとん@cantonx56)にご気楽にどうぞヾ( ’ㅂ’)ノ